望結(みゆ)のニュース

みゆのブログ

そのあとに精算という仕事が出てきてしまって面倒くさいですね。

年会費と発行手数料は無料で、高速情報協同組合に申し込めば、ガソリンカードが発行され、ガソリンを入れた時の精算方法は法人の口座から引き落としになるので、毎回お金を払う手間が省けるようになります。
これで、いちいちガソリンを入れるたびに、社員の人達がお金を立替える必要がなくなるのです。
会社の車に乗ったときは、立替えて払っているような企業も多いと思いますが、立て替え払いを行うと、一ヶ月の金額が大きくなってしまったり、そのあとに精算という仕事が出てきてしまって面倒くさいですね。
ガソリンカード法人
あとこれも……川村は都内のある会員制社交クラブに顔を出した。
原子力委員会委員長を主賓とする藤家洋一先生を囲む会。
東大工学部で原子力を学び日立トップも務めた川村は常連の一人だ。
集まった産官学の要人たちは長年、議論を重ねてきた気の置けない間柄。
川村は彼らにも今後の東電の経営戦略を語らなかったが、周囲には資源の乏しい日本で原子力を途絶えさせてはいけないという固い信念は伝わった。
ある参加者は我々も川村さんの役に立ちたいと話す。
リーマ ン・ショック後の巨額赤字に陥った日立のトップを引き受けた際、川村は現日立会長の中西宏明ら信頼できる人材を集めた。
だが東電には日立の人材を連れて行かないはずだ。
発電などで取引が多く利益相反を疑われかねないためだ。
単身で東電に乗り込む川村の苦労は必至だ。
現場と意思疎通をはかり、監督や助言をすると自らの役割を語るが、東電は内紛に揺れてきた。
変化を迫る国や社外取締役と、できるだけ現状を維持したい守旧派の間には溝がある。
特に社外取締役で会長の数土文夫と、生え抜き社長の広瀬直己との不仲は社内では公然の秘密。
経産省にも不信を募らせる広瀬は3月31日、トップ交代発表当日の指名委員会でもこんなやり方はおかしいと人事案に反対した。
不協和音 を見かねた筆頭株主の国が動き、経済産業相世耕弘成が官邸と連携して川村を三顧の礼で迎えたのが今回の人事だ。
瀬戸際まで決着がもつれただけに、川村もまだ明確な戦略を描けていない。
小早川は経済界の第一人者に引き受けてもらえたと川村に教えを請う姿勢をみせる。
会長と社長の関係は改善しそうだが、小早川も約1年前に小売子会社社長に昇格したばかり。