望結(みゆ)のニュース

みゆのブログ

軽減されるとはい え、保険適用外の負担が高額なことが壁になっているとみられる。

海外では承認している国もあるが、日本では承認されていない。
男性は制度の利用を申し出て、厚労省の専門家会議は今年2月、保険適用の対象外での利用を承認した。
約3千万円の治療費は一部が保険適用になったことで、男性の自己負担額は約1千万円減った。
男性の申し出を受けて他の患者も制度を使って迅速に利用できるようになり、男性のほか5人の患者が一部保険適用で利用できる予定だ。
同病院心臓血管外科の澤芳樹教授は未承認の治療法の適用範囲が広がることで、患者の救済につながると評価する。
この制度はこのように保険適用の条件や保険適用に向けた臨床試験などの条件に合わない患者が対象だ。
日本はこうした保険適用外と保険適用の治療を同時に行う混合診療は原則禁止だが 、患者負担を軽減するため、例外として昨年4月に始まった。
これまでも混合診療は先進医療として、厚労省が一定の有効性と安全性を認めた治療法で容認していた。
今回は先進医療の対象にならない患者に対象を広げた形だ。
こうした混合診療を受けられる病院は未承認薬ならば全国で100カ所程度だったが、新たな制度では抗がん剤ならば400カ所に増え、身近な病院で治療も受けられるようになった。
申し出は新規の場合、原則6週間で審査する。
ただ承認は大阪大病院の補助人工心臓のほか、東京大病院の胃がんの腹膜への転移に対する新たな抗がん剤治療など申請のあった4件のみだ。
同じ条件で治療を受ける患者を加えると、恩恵を受ける患者は140人を超える見込みだが、軽減されるとはい え、保険適用外の負担が高額なことが壁になっているとみられる。
それから、沖縄で働く看護師の給料は全国的な平均の給料と比較すると3万円ほど少なめですが、地元で働いている女性の給料としてはかなり高めの金額になっています。
県内の物価は、本島と比較すると安めなので、そういう意味で給料が少し低くなっているというのもあります。
ただ電気代は高めなので、移住などして転職しようと考えている場合には真夏を過ごすのがきつく感じることもあるでしょう。
逆に冬は暖房代などがかかりませんから、1年を通してみればお得だといえます。
看護師の求人事情としては、中心地であれば看護師の求人は多く、看護師不足の病院などもありますので、転職するのはそう難しいことではありません。
沖縄看護師求人