望結(みゆ)のニュース

みゆのブログ

コラーゲンを豊富に配合することで、スキンケアを3つのステップにまで削減することに成功しました。

望結です、大企業では社内飲食を除く交際費の半分まで、中小企業は年間800万円までは全額損金算入を認めて税がかからなくなった。
ある損害保険会社は14年度、税制改正を機に代理店との懇親などに使う交際費を13年度より4%増やした。
16年度見込みで3%増やす生命保険会社もある。
税理士の伊藤謙信氏には設立して10年に満たない会社からの相談が多く舞い込む。
税制改正で交際費に対する心理的障壁が下がり、売り上げに必要な経費として捉えられるようにな った。
08年のリーマン危機後に接待の回数を減らしていたが、最近は戻してきた。
吉祥銀座本店は訪日客減少を補って接待が上向き、2月は入客数が5%増えた。
20年の東京五輪を控え、建築や不動産の関係者が多いという。
消費はまだ力強さを欠く。
総務省の家計調査によると2人以上の世帯の消費支出で外食は、16年にかけて3年連続で前年より減った。
ところが総務省のサービス産業動向調査をみると飲食店の売り上げは増加傾向だ。
法政大の菅幹雄教授は接待など企業による消費がプラスになっていると分析する。
ホテルニューオータニを訪ねると、16年度の領収書の発行枚数が14年度より1割増加しそうだという。
ホテル内の和食店の売り上げは右肩上がり。
ビジネスの話をしな がら会食を兼ねる接待が増えている。
20人収容の部屋が多く利用されるようになり、昼食接待も伸びる傾向にある。
社内接待も増えている。
プリンスホテルでは、会議や研修で利用される部屋の売り上げが13~15年度で6%増加した。
周年記念行事など企業の社員向けイベントが活発になっていると同ホテルの法人営業担当、関根正裕取締役は背景を説明する。
さて、最後の情報は「パーフェクトワン」で〆ます。
パーフェクトワン
この化粧品は、医薬品や化粧品などを幅広く取り扱うメーカーである新日本製薬が開発した、シンプルスキンケアブランドです。
高保湿成分であるコラーゲンを豊富に配合することで、スキンケアを3つのステップにまで削減することに成功しました。
新日本製薬では、
「ハリと弾力のある健康的な肌を目指すにはスキンケアはシンプルであるべき」
という考えのもとで「パーフェクトワンシリーズ」を開発、スキンケアステップとして、「クレンジング・洗顔」「ベースメイク」「美容液」の3つが用意されています。